そもそも、借地権は相続が可能なのでしょうか。借地権は、所有している人が亡くなった場合、その権利は無効になると考えている方も多いですが、実は借地権の相続は可能です。借地権の所有者が亡くなると、遺産分割協議や遺言によって、借地権は相続人に継承されます。この時、借地権は相続財産の一部となりますので、相続税の対象になります。また、借地権は一般の財産と同じなので、相続に地主の承諾は必要ありません。

借地権の相続に関するトラブルで多いのが、借地権を相続した場合の名義書き換え料を請求されることです。しかし、借地権所有者が亡くなった事による借地権の移動は譲渡ではなく相続なので、地主の承諾も更新料、名義書き換え料の支払いも一切不要です。もちろん、契約期間についてもそのまま継承されるため、新規に賃貸契約を交わす必要もありません。

しかし、借地権を相続した場合、今まで故人が支払っていた借地権に関する費用は相続人が支払う事になるため、更新料や立て替え承諾料といった管理費は、相続人が継続して支払います。そのため、借地権所有者が死亡して、相続人が借地権を相続した段階で、借地権を相続して名義が変わった旨はきちんと地主に伝えておく必要があります。